« A-3 つんでれんこによるエンコード | トップページ | NiVEにおすすめのCODEC »

2011年5月13日 (金)

Lagarithは癖がある

Lagarithは圧縮率、速度ともに優れたロスレスCODECだが、ちょっと癖があるようだ。
うちの環境では、NiVEそのままでは読み込めなかった。
VFWInputで読み込もうとすると、失敗する。

DirectShow入力プラグインを使うと読み込めた。

Aviutlも、AVI File ReaderではLagarithを読み込めなかった。
真っ黒になってしまう。

AVI/AVI2 File Readerの優先度を上げることで、読み込めるようになった。

Aviutlで色空間をRGBで扱うためには、コーデックの設定を変更しなければならない。
デフォルトではYUY2で展開する/圧縮するともにチェックが入っているので、外すのを忘れないようにしよう。


« A-3 つんでれんこによるエンコード | トップページ | NiVEにおすすめのCODEC »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499066/39967896

この記事へのトラックバック一覧です: Lagarithは癖がある:

« A-3 つんでれんこによるエンコード | トップページ | NiVEにおすすめのCODEC »