« PhunにおすすめのCODEC | トップページ | 【Phun】いちばんやさしいアクティブサスペンション »

2011年5月 9日 (月)

PhunにおすすめのCODEC2

Phunの動画を作成するに当たって、こういうワークフローを想定している。

Phunの背景をNiVEのカラーキーで抜くためには、可逆圧縮であることが望ましい。

こちらを参考に可逆CODECを集めて、圧縮率とCPU使用率を測定した。
昨日と同様に、800×600ピクセル30fpsで1分キャプチャした。

CODEC ファイルサイズ CPU使用率
AMV2 MT 494MB 61%
AMV3 253MB 61%
ffdshow H.264 lossless 84.9MB 99%
HuffYUV MT 921MB 66%
Lagarith 191MB 66%
MSU Screen Capture Lossless 94.8MB 80%※

※ 変動が激しく、しばしば100%になる。

各CODECの設定は以下の通り。






« PhunにおすすめのCODEC | トップページ | 【Phun】いちばんやさしいアクティブサスペンション »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499066/39927485

この記事へのトラックバック一覧です: PhunにおすすめのCODEC2:

« PhunにおすすめのCODEC | トップページ | 【Phun】いちばんやさしいアクティブサスペンション »