« 実践 比例航法 | トップページ | グラフ化ツール »

2012年1月29日 (日)

Phunコミュニティに対する態度

現在の私の態度を決定する要因となったのは、【ニコニコ動画】【Phun】ミサイル防衛システムの動画を作ったときの経験です。
すり抜け確率についての考察を元に、ミサイル防衛システムを作りたいと思いました。
防衛システムの動作を確認するには、当然対象となるミサイルが必要です。
しかし、私の作りたいのはミサイルじゃない。
このときはニコニコ重工さんのミサイルを入手できたので、それを迎撃対象に使わせてもらいました。

技術を交換することで、Phunの世界は発展するのではないでしょうか?

私は開平計算ができません。
いや、筆算のやり方は知っています。
しかし、私が使っているパソコンのCPUが、どんな方法で計算しているかは知りません。
きっと最適化された方法で計算しているのでしょう。
そのおかげで、私はPhunなどで遊ぶことができます。

初学者に「基礎的なことから自分でやらないと覚えない」という態度をとって、コミュニティの発展はあるでしょうか?
基礎的なことにかける時間が少なくなれば、人は応用に興味を持つようになるのではないでしょうか。

かつてゲームに関わる人間の中では、ゲームを作る人だけがまともな人でした。
プログラムを書く人だけが、社会人として認められるような仕事をしている。
物づくりをしている。
そう見られていました。

しかし、現在ではゲームをプレイする人も、一部は認められるようになってきています。
彼らがゲームをプレイする技術はとても高く、そう、ゲームプログラムを開発するのに相当する程度には高く、鑑賞に値するものです。
Phunの世界でも、ものを作らなくても高い操縦テクニックを持った人が登場すれば、すばらしいことです。

服飾の世界でも、初期は自分が作りたいものを作っていました。
しかし、いまはイージーオーダーやレディメイドがあります。
私がジェネレータを作るのはPhun界でイージーオーダーを実現したいと思うからです。
代表的な機構については、レディメイドのシーンデータも提供しています。
モジュール化された既製品を交換するようなことも実現したいと思います。

一方で、初心者の質問にはあんまり答えようと思いません。
それは、「簡単に答を教えると本人のためにならない」なんてことではなく、面倒だからですが。

« 実践 比例航法 | トップページ | グラフ化ツール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499066/43906224

この記事へのトラックバック一覧です: Phunコミュニティに対する態度:

« 実践 比例航法 | トップページ | グラフ化ツール »