« Phunコミュニティに対する態度 | トップページ | チェーンアンドスプロケットジェネレータB Ver.1.0 »

2012年1月31日 (火)

グラフ化ツール

Phunでオブジェクトの動きをグラフ化するための補助ツール。
オブジェクトの属性(velやposなど)を取得して、CSV形式のテキストにします。

PhunPlotter Ver. 1.0

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍して、実行してください。 .NETフレームワークの最新版が必要になるかもしれません。

アンインストール

レジストリ等は使用していないので、そのまま削除してください。

使用方法

Phunを起動し、オブジェクトを1つだけ選択した状態にします。 取得したい属性を指定して、開始ボタンを押します。 Phunでシミュレーションを開始します。

設定

インターバル
情報を取得する周期を、ミリ秒を単位として指定します。あまり短い周期を指定するとアプリケーションを停止しにくくなるので、1000ミリ秒程度が適当です。時間精度を高めたいときは、Phunのシミュレーションスピードを落とすことをおすすめします。
取得する属性
オブジェクトから取得したい属性を指定します。よく使われるのは、vel(速度)、pos(位置)、angvel(角速度)、angle(角度)などです。その他、[Ctrl]+[C}で取得できる情報であれば、何でも取得できます。ただし、textは正しく取得できないかもしれません。
形式
属性データを区切る文字を指定します。タブ区切りを選ぶと、そのままExcelに貼り付けられます。

制限事項

  • シーン独自変数(Scene.my.~)は取得できません。Thyme演算式の結果も取得できません。中括弧{}で囲った数式は、式そのものを取得します。これらの値を取得したいときは、衝突を起こしてe.other.xxx = ~ と代入する必要があります。
  • 複数のオブジェクトを選択して本ツールを使用しないでください。どのオブジェクトの属性が取得されるかは不定となります。
  • 本ツールに指定するインターバルは、実時間(PCのタイマ)基準です。Phun内のSim.timeではありません。シミュレーションスピードを変化させても、あるいはシミュレーションを停止しても、本ツールのインターバルには影響しません。

参考動画

« Phunコミュニティに対する態度 | トップページ | チェーンアンドスプロケットジェネレータB Ver.1.0 »

コメント

どうも。Phun.jpではお世話になってます。
すいません、ツールとは直接関係ないのですが、コピったやつをどうやって動画のようなグラフ(?)にするのですか。できればOpenOffice.orgで。おねがいします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499066/43937146

この記事へのトラックバック一覧です: グラフ化ツール:

« Phunコミュニティに対する態度 | トップページ | チェーンアンドスプロケットジェネレータB Ver.1.0 »