« 日米の国力比較 | トップページ | Phunコンのルールはどうあるべきか »

2012年5月 3日 (木)

【Phun】障害物皐月賞で進化してみた

GA(遺伝的アルゴリズム)による最適化を、障害物皐月賞のステージで試してみた。

アルゴリズムの概略

1世代あたりの個体数=8
突然変異の幅=最大で±現在のパラメータの10%
評価関数=走行にかかった時間
ただし、転倒した場合、天井に接触した場合は10000秒で走行したものと見なす
交叉は無し

8つの個体のうち最も早かったものは、次の世代へ残す
他の個体は1÷(走行時間-チャンピオンの走行時間)の確率でルーレット選択し、突然変異をした上で次の世代へ引き継ぐ

遺伝的アルゴリズムの説明はこの動画がわかりやすい。

« 日米の国力比較 | トップページ | Phunコンのルールはどうあるべきか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499066/45123891

この記事へのトラックバック一覧です: 【Phun】障害物皐月賞で進化してみた:

« 日米の国力比較 | トップページ | Phunコンのルールはどうあるべきか »