« 点光源ジェネレータ | トップページ | 超反発エンジン 推力安定への挑戦 »

2012年8月20日 (月)

phunでスケボー!

この動画面白かった。ただ人物が完全にしゃがんでしまうのが残念。
ということで、チャチャット作ったシーン

使い方
1) シーンを読み込んだら[F11]を押して表示されるコンソールに、以下の3つの文を入力する。
Scene.my.Spring := 2.0;
Keys.bind( "q", {Scene.my.Spring = 1.2;});
Keys.bind( "w", {Scene.my.Spring = 2.0;});

2) シーンを再生。[Q]キーでしゃがむ。[W]キーで立つ。

キー操作によってバネの長さを変更するデモです。

この技術の応用として、アクティブサスペンションの動画も見てね。

« 点光源ジェネレータ | トップページ | 超反発エンジン 推力安定への挑戦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499066/46764791

この記事へのトラックバック一覧です: phunでスケボー!:

« 点光源ジェネレータ | トップページ | 超反発エンジン 推力安定への挑戦 »