« KSPで気になるMOD | トップページ | レーザーのシミュレーション »

2016年7月 4日 (月)

Kerbal Research & Development

サイエンスポイントを使ってパーツの性能を改善するKerbal Research & Developmentを試してみた。

元のロケット

Base

LV-909を使用した上段。TWRは1.70。真空でのΔVは2755m/s。
サイエンスポイントを消費することで、LV-909の性能を改善できる。
  • Dry Mass(乾燥重量を10%削減) 5SP消費 TWR=1.73 ΔV=2816m/s
  • ISP Vac(真空での比推力を5%増やす) 15SP消費 TWR=1.79 ΔV=2893m/s
  • Fuel Flow(推力を10%増やす) 10SP消費 TWR=1.87 ΔV=2755m/s

« KSPで気になるMOD | トップページ | レーザーのシミュレーション »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499066/66345484

この記事へのトラックバック一覧です: Kerbal Research & Development:

« KSPで気になるMOD | トップページ | レーザーのシミュレーション »