« 低重力天体での資源採掘 | トップページ | Kerbal Planetary Base Systems »

2017年1月 3日 (火)

基地の現地ドッキング

Flexible Dockingがいいかもしれない。

Deployした状態である程度(数m)近づくと、磁力で吸着してドッキングしてくれる。

Screenshot6

USI Kolonization SytemのFlex-O-Tubeとの違いは、接続作業に緑が要らないこと。
残念ながら接続後は位置関係が固定されるので、タイムワープ時に基地が跳ねることへの対策にはならない。この点ではKSAのウィンチを使うしかない。

« 低重力天体での資源採掘 | トップページ | Kerbal Planetary Base Systems »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1499066/69098465

この記事へのトラックバック一覧です: 基地の現地ドッキング:

« 低重力天体での資源採掘 | トップページ | Kerbal Planetary Base Systems »