2018年6月 4日 (月)

IR後継

Kerbal Space ProgramのMOD "Infernal Robotics"の後継としてNextというプロジェクトがある。KSP 1.4.2用とされているbeta3-p7を1.4.3に入れたら動いた。

2018年5月26日 (土)

MODの設定ファイル

MechJebで最初から全機能を使えるようにする「part.cfg」をダウンロード

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Kerbal Space Program\GameData\MechJeb2\Parts\MechJeb2_AR202に置く
Procedural PartsでSRBの推力を大きくできるようにする「4SRB.cfg」をダウンロード
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Kerbal Space Program\GameData\ProceduralParts\Parts\Tanksに置く

Kerbal Space Programの画面サイズ

KSPの画面サイズは予め用意された中から選択することしかできない。

settings.cfgの
SCREEN_RESOLUTION_WIDTH =
SCREEN_RESOLUTION_HEIGHT =
を書き換えれば任意のウィンドウサイズにできる。

2018年5月 3日 (木)

Modular Colonization Systemsのバグ

Screenshot4

VABでドリルの採掘対象をRareMetalsに設定する。

Screenshot5

打ち上げ直後にはもう採掘対象が???になっている。

2018年4月20日 (金)

Suppliesが枯渇するとどうなるか

USI Life-supoortでは緑(Kerbal)が生存するために資源Suppliesが必要になる。

Suppliesが枯渇するとどうなるかは、C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Kerbal Space Program\GameData\UmbraSpaceIndustries\LifeSupport\Settings.cfgで定義されている。
まず緑は「ベテラン」と「それ以外」に分けられる。
ベテランの名前はVetNameで定義されており、デフォルトではJebediah,Valentina,Bill,Bobの4名。
Suppliesが不足した場合の効果は次のように定義されている。
NoSupplyEffect = 1 #(一般の緑に対する効果)
NoSupplyEffectVets = 1 #(ベテラン4名に対する効果)
数字の意味は以下の通り。
0: 特に空く影響なし
1: 補給を得るまで環境客になる
2: 観光客になり気まぐれにパーツを破壊する(!)
3: スペースセンターに帰還する(どうやって帰るのかは聞かないで)
4: M. I. A. (行方不明、時間経過によってリスぽーんする)
5. K. I. A. (死亡)
レスキューや基地運営のためにベテラン4名には効果無しとする方が良い気がする。

2018年4月19日 (木)

Suppliesの現地生産

USI Life-supportのSupplies(補給物資、生命維持に必要)を現地生産する方法を考える。

Kerbal Planetary Base Systemsのパーツを使う方法は中間財としてMulchが必要であり、緑が基地に常駐することになるので避けたい。MKSのパーツを使ってこういう構成で基地を作った。
Resourceflow

Screenshot3

実際に打ち上げてみるとドリルの採掘対象が"???"となっていて動作しない。MKSが不安定?

2018年3月22日 (木)

洋ゲー”Kenshi”をプレイした感想

インディーズゲームのKenshi

日本っぽい世界を探検するRPGです。

Mount & Bladeに近いという説明をされることもある。


ニコニコ動画のきりたんをきっかけにブームが起こっているようです。


含まれる要素は

・戦闘

・遺跡の探検

・経験による成長

・仲間の追加と管理

・売値と買値の差額を利用した交易

・拠点建設

・農業

・採掘

・武器防具製造

など。


買ってはみたのですが、私には合いませんでした。

このゲームの良いところはいろいろ紹介されているので、ダメだと思ったところを書いてみる。

・世界が持続可能では無い。商店の店主が死ぬと、その商店は復活しない。

・上記問題の対策として「インポート」と呼ばれる操作がある。これを実行するとプレイヤーの資産(アイテム、拠点、キャラクター)を維持したまま、ワールドをリセットできる。ところが「インポートをすると問題が発生する可能性がある」と説明されている。つまり世界をプレイ可能な状態で安定的に存在させることができない。

・小規模(1人?)で開発しているので内容が薄い。武器防具の種類は少なく、ランク分けすることで水増ししている。Mount & Bladeにあった騎乗はできない。店の種類は少なく、売ってるものも似たり寄ったり。ところがテレポートする普段がないので、目当てのものを売っている店を探して長時間歩くことになる。射撃兵器も存在しない。弓MODを入れたら落ちた。

・ユーザー規模も小さいので、MODの種類も少ない。(Minecraftなどに比べるとはるかに少ない)

・"AI Core"と呼ばれるレアアイテムがあるが、これを入手するためには似たような遺跡を何度も探索する必要がある。

・Tipsは出てくるものの、説明されないことも多々ある「投げっぱなし」な洋ゲー。


全体的に、プレイに手間がかかる割には「楽しい」と思えるようなご褒美が少ない。

2000円以下で買ったので「損した」とは思わないけど。


2017年4月27日 (木)

MechJebのスクリプト

From: Landed on Minmus
To: Low Kerbin Orbit(300km)
Ascent
{
 actionType = 0
 desiredOrbitAltitude = 20000
 desiredInclination = 0
 autoThrottle = True
 correctiveSteering = False
 forceRoll = True
 verticalRoll = 90
 turnRoll = 90
 autodeploySolarPanels = False
 _autostage = True
 launchingToRendezvous = False
 ascentPath
 {
 autoPath = True
 autoTurnPerc = 0.425000012
 autoTurnSpdFactor = 80
 turnStartAltitude
 {
 _val = 500
 _text = 0.5
 }
 turnStartVelocity
 {
 _val = 100
 _text = 100
 }
 turnEndAltitude
 {
 _val = 60000
 _text = 60
 }
 turnEndAngle
 {
 _val = 0
 _text = 0
 }
 turnShapeExponent
 {
 _val = 0.40000000000000002
 _text = 40
 }
 }
}
Manoeuver
{
 operationName = return from a moon
 Operation
 {
 moonReturnAltitude
 {
 _val = 500000
 _text = 500
 }
 }
}
ExecuteNode
{
 autowarp = True
 actionType = 0
}
Warp
{
 warpTarget = SoI
 phaseAngle
 {
 _val = 0
 _text = 0
 }
 leadTime
 {
 _val = 0
 _text = 0s
 }
 timeOffset
 {
 _val = 0
 _text = 0s
 }
}
Manoeuver
{
 operationName = change inclination
 Operation
 {
 newInc
 {
 _val = 0
 _text = 0
 }
 }
 OperationConfig
 {
 currentTimeRef = 4
 leadTime
 {
 _val = 0
 _text = 0s
 }
 circularizeAltitude
 {
 _val = 150000
 _text = 150
 }
 }
}
ExecuteNode
{
 autowarp = True
 actionType = 0
}
Manoeuver
{
 operationName = change periapsis
 Operation
 {
 newPeA
 {
 _val = 300000
 _text = 300
 }
 }
 OperationConfig
 {
 currentTimeRef = 2
 leadTime
 {
 _val = 0
 _text = 0s
 }
 circularizeAltitude
 {
 _val = 150000
 _text = 150
 }
 }
}
ExecuteNode
{
 autowarp = True
 actionType = 0
}
Manoeuver
{
 operationName = circularize
 Operation
 {
 }
 OperationConfig
 {
 currentTimeRef = 1
 leadTime
 {
 _val = 0
 _text = 0s
 }
 circularizeAltitude
 {
 _val = 150000
 _text = 150
 }
 }
}
ExecuteNode
{
 autowarp = True
 actionType = 0
}

Complete the Ultimate Ike 6 Voyage.

200万Fundももらえるので受託したミッション。

Screenshot13

Ike, Mun, Gilly, Eve, Dunaをフライバイしろという内容。
「新規にロケットを建造しろ」「1台のロケットで全ての条件を満たせ」というのが特徴的。
Screenshot12
ミッションの途中経過がおかしい。これはMun, Duna, Ikeのフライバイを済ませていったんKerbin影響圏へ返ってきたところだが、チェックが入っていない。
Kerbinに当たるような双曲線軌道ではミッション達成にならず、楕円軌道のPeを0以下にすることで完了と認められた。実際にKerbinへぶつける必要は無い。

Kerbalspaceprogram937

MechJebのスクリプト

From: Low Kerbin Orbit

To: Land Minmus at Lattitude 5 4' 59", Longitude 94 5' 45"(Great Flats)
Target
{
 targetType
 {
 val = 0
 _text = 0
 }
 selectedCelestialBodyIndex
 {
 val = 3
 _text = 3
 }
}
Timer
{
 time
 {
 val = 10
 _text = 10
 }
}
Manoeuver
{
 operationName = Hohmann transfer to target
 Operation
 {
 }
}
ExecuteNode
{
 autowarp = True
 actionType = 0
}
Manoeuver
{
 operationName = fine tune closest approach to target
 Operation
 {
 courseCorrectFinalPeA
 {
 _val = 200000
 _text = 200
 }
 interceptDistance
 {
 _val = 200
 _text = 200
 }
 }
}
ExecuteNode
{
 autowarp = True
 actionType = 0
}
Warp
{
 warpTarget = SoI
 phaseAngle
 {
 _val = 0
 _text = 0
 }
 leadTime
 {
 _val = 0
 _text = 0s
 }
 timeOffset
 {
 _val = 0
 _text = 0s
 }
}
Manoeuver
{
 operationName = change periapsis
 Operation
 {
 newPeA
 {
 _val = 20000
 _text = 20
 }
 }
 OperationConfig
 {
 currentTimeRef = 2
 leadTime
 {
 _val = 0
 _text = 0s
 }
 circularizeAltitude
 {
 _val = 150000
 _text = 150
 }
 }
}
ExecuteNode
{
 autowarp = True
 actionType = 0
}
Manoeuver
{
 operationName = circularize
 Operation
 {
 }
 OperationConfig
 {
 currentTimeRef = 1
 leadTime
 {
 _val = 0
 _text = 0s
 }
 circularizeAltitude
 {
 _val = 150000
 _text = 150
 }
 }
}
ExecuteNode
{
 autowarp = True
 actionType = 0
}
Landing
{
 deployGear = True
 deployChutes = True
 landTarget = True
 limitChutesStage
 {
 val = 0
 _text = 0
 }
 touchdownSpeed
 {
 _val = 0.5
 _text = 0.5
 }
 targetLattitude
 {
 negative = True
 degrees
 {
 _val = 5
 _text = 5
 }
 minutes
 {
 _val = 4
 _text = 4
 }
 seconds
 {
 _val = 59
 _text = 59
 }
 }
 targetLongitude
 {
 negative = True
 degrees
 {
 _val = 94
 _text = 94
 }
 minutes
 {
 _val = 5
 _text = 5
 }
 seconds
 {
 _val = 45
 _text = 45
 }
 }
}

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー