2012年11月 6日 (火)

HoI3 インフラ一括工事

HoI3角栄は、指定した戦域のインフラをまとめて工事します。

2012年11月 5日 (月)

HoI3 守備隊のアップグレード

2chの方で出ていた話題。せっかくなので画像を込みで操作方法を説明しておく。

一部の旅団はアップグレードできる。これは日本の守備隊旅団。

スパナと矢印のマークをクリックするとアップグレード先を選択できる。

上の画像は守備隊を山岳旅団へアップグレードした結果。生産キューに入れられて、所定の期間ICを消費して完成する。

この時点で日本が山岳旅団を生産するコストは2.34IC×161日なので、ICはごく僅かに、生産日数は25%程度節約できる。

ところで、この守備隊から山岳師団へアップグレード可能という情報はどのファイルに書かれているのだろう。\units\garrison_brigade.txtと\units\bergsjaeger_brigade.txtにはそれっぽい記述はなかったが。

この記事は、Hearts of Iron Collection(For the Motherland 3.05相当)の情報です。HoI3無印Ver. 1.3ではアップグレードのための矢印アイコンが表示されません。

2012年10月 6日 (土)

Decision解説

Decisionについて解説してみる。

直訳は「決断」であるが、「政策の実行」とでも言うべきか。条件を満たすと自動的に発生するイベントとは異なり、プレイヤーが能動的に実行することで効果を得る。積極的に実行するものであるから、トレードオフはあっても有利な内容であることが多い。


外交タブの左下に、選択可能なDecisionの一覧がある。

マークにカーソルを合わせると、Decisionを実行するために必要な前提条件が表示される。


これはラインラント再進駐の前提条件。
以下のすべてを満たすことが必要。

  • ドイツの旅団数が120以上であること
  • フランスと戦争をしていないこと
  • フランスと同盟をしていないこと
  • Saarlouis、Saarbrucken、Primasens、Landau、Karlsruheのいずれかに1ユニット以上が存在すること
  • Baden Baden、Offenburg、Freiburg、Lorrachのいずれかに1ユニット以上が存在すること
先頭に緑の星が付いているのは現時点で条件を満たしているもの、赤い星は満たしていないものである。4つの条件のうち3つは満たしているので、Baden Baden、Offenburg、Freiburg、Lorrachのいずれかにユニットを配置すれば、「ラインラント再進駐」のDecisionが実行可能になる。


条件となっている州は、独ソ国境の赤と緑に色を付けた部分。

マークにカーソルを合わせると、Decisionを実行したときの効果が表示される。


ラインラント再進駐を実行したときの効果は以下の通り。

  • ドイツとフランスの関係が15悪化する
  • ドイツとイギリスの関係が5悪化する
  • ドイツとベルギーの関係が10悪化する
  • ドイツとオランダの関係が5悪化する
  • ドイツの中立度が10減る
  • ドイツの悪名が2減る
  • ドイツの金が500増える
  • ドイツの人的資源が250増える
  • ドイツの国民結束度が2増える
  • イギリスの中立度が3減る
  • フランスの中立度が3減る
  • ドイツのフランスに対する脅威が3増える
  • イギリスでラインラント再進駐イベントが起きる
  • フランスでラインラント再進駐イベントが起きる

原則として、プレイヤーに有利な効果を持つものは緑色で、不利なものは赤色で表示される。


条件を満たすために、Stuttgartの歩兵師団をBaden Badenへ移動させる。


移動が完了。


外交タブでは、ラインラント再進駐のチェックボタンが押せるようになっている。


チェックボタンを押すとDecisionが実行され、効果が発生する。

Order Of Battle (OOB)の編集の仕方

ユニットの左にある矢印をクリックするか、[O]キーを押すことでOOBを編集できる。
いままで知らなかった……。

HoI3 GER AAR 3-2

ここでちょっとソ連の陸軍戦力を覗いてみる。


歩兵321個旅団他、結構持っているな。まだ前線に到着していないだけみたいだ。


1937年3月27日、再配置した陸軍がソ連領に進行中。


3月29日、イタリアが枢軸へ加盟。


7月4日、日本が枢軸へ加盟。これで三国同盟が成立した。


北方軍集団はレニングラード、南方軍集団はクリミア半島を占領。中央軍集団はモスクワへ迫りつつある。


10月24日、モスクワを占領。スカンジナビア半島にソ連軍はいないので、ムルマンスクのVPも取れる見込み。


1938年1月15日、イベントでオーストリアを併合。


1938年11月18日、ソ連降伏までも一歩なんだが、補給が続かず押し切れない。機甲師団だけでも手動で指揮すべきか? 今日はここまでで休憩。

この時点でのセーブデータ

HoI3 GER AAR 3-1

では、気を取り直してHoI3をやってみる。
Hearts of Iron 3 Collection(For the Motherland Ver. 3.05相当)の1936年シナリオドイツ。

早期に開戦して、ポーランド→ベルギー→フランス→ソ連→イギリスの順につぶすことを目指す。


三単位制師団に砲兵を追加したものを生産。


イタリアと日本へDiplomatic Influenceを開始。


歩兵を強化する技術を研究。あと、Armorカテゴリは中戦車の開発を目標に。


自国のスパイにはRaise National Unity、英仏ソにはMilitary Espionage、ポーランドにはIncrease Threatを仕掛ける。自国の中立度を下げられなくなったので、Increase Threatが早期開戦のための唯一の手段だ。

ここまでの初期設定を済ませたセーブデータ(SugarSyncへのリンク)


スペイン内戦介入と、ラインラント再進駐のイベントを起こす。スペイン内戦の方は割とどうでも良いが(スペインが欲しければ占領してしまえばよい)、中立度が下がるラインラント再進駐の方は早期開戦のために重要。


1936年3月20日、イタリアがエチオピアを併合。


1936年5月10日、ドイツはポーランドへ宣戦布告。


6月7日、ワルシャワを占領してポーランドを併合した。

7月10日、全部隊をBitburg HQへ配置転換してベルギーに宣戦布告。


軽戦車師団を先頭にベルギーの首都ブリュッセルを目指す。


11月19日の戦況。南部はマジノ線を突破できたがまだブリュッセルを占領できない。


12月15日、東部戦線をがら空きにしていたところソ連から宣戦布告される。


西部戦線から一部の部隊を引き抜いて対処する。東部戦線を管轄するBerlin HQと西部戦線のBitburg HQの支配下にある戦力はこれくらい。


宣戦布告してきたものの、ソ連軍の前線はがら空きで部隊は東進しているようだ。


1937年1月1日、パリを占領しフランスは降伏。ヴィシーフランスが成立した。

この時点のセーブデータ

2012年4月20日 (金)

日米の国力比較

HoI3 GER AAR2をプレイしたときの、日米の国力比較です。

実効IC
アメリカは1942年まで参戦しなかったので-50%のペナルティがついていますが、参戦すると+50%になります。

陸軍力

海軍力

2012年4月18日 (水)

HoI3 1936年ドイツ 初手

Hearts of Iron 3でゲームのポーズを解除する前に何をしたらよいかわからないという人が多いので、私の初手を紹介します。HoI3無印(ver. 1.3)で1936年のドイツです。

ドイツにとって打倒すべき敵は、英仏米ソです。ここでは1939年にイベントを使ってポーランドへ宣戦布告、その後仏→ソ→英→米で攻撃することを考えます。生産力を投入するのは工業力→陸軍(歩兵主力で中戦車を含む)→海軍の順です。

外交

まず資源貿易を自動に任せます。

次にアメリカへ外交影響力を行使し、枢軸よりの態度を取らせます。同盟するところまでいけるとは思っていませんが、連合国への加盟と参戦を遅らせるためです。

生産

改良、戦力補充、物資、消費財には必要量を割り当てます。

約82のICが余るので、工場を18並列で生産します。連続生産は10も要らないのですが、とりあえず生産キューに入れておいて、不要になったタイミングで削除します。

最終的に余ったICは、物資に追加割り当てします。

技術

技術画面では、まずアメリカとの外交に必要な2.0を割り当て。諜報と将校比率への割り当てを減らし、研究用に23ポイントを捻出します。

歩兵用の4つ

中戦車に必要とされるLight Tank Armour

海軍は数で勝負しますが、航続距離だけは数で補えないので駆逐艦用エンジン

人的資源、工業力、天然資源に関わる技術のうち1939年までの物

補給物資に関わる2つの理論

陸軍ドクトリンのうち1918年の物

今回は23ぴったりで収まりましたが、多少余分に研究を指定することもあります。先に指定した物から順に研究するので問題有りません。

諜報

自国と英ソに最大割り振ります。自国のスパイは中立度低下工作をさせて戦争の準備を、英ソのスパイは軍の規模を把握することを目的とします。ポーランドとフランスについては、スパイするまでもないと思います。

2012年4月12日 (木)

部隊編成の参考資料

HoI3で部隊編成ってどうやったらいいの? 他人の編成が気になる人は多いと思います。
そこで、HoI3 GER AAR2の1940年5月時点(独ソ戦直前)の私の部隊編成を示します。
当時は、独ソ戦に備える東部戦線方面軍(歩兵)、装甲軍(軽戦車と中戦車)、イタリア軍(イタリアから派遣されてきた部隊の寄せ集め)
連合軍の上陸に備える西部軍集団(歩兵)、
スペインを援助しつつジブラルタル占領を目指す独立空挺師団群
という編成でした。
このうち装甲軍と独立空挺師団群が手動操作です。

スケールが違うので、図を見るときは注意してください。東部戦線方面軍と西部軍集団は軍団までしか記載していません。師団数はその3倍います。
東部方面軍の軍集団配下にいる戦術爆撃機は、特に考えてそこにつけたわけではなく、何となくです。

イタリア軍を東部方面軍の配下に組み込まなかったのは気分の問題です。そりゃあねぇ? ドイツ軍とイタリア軍を混ぜたくはないよね。

HoI3部隊の配置

Hearts of Iron 3で、生産された部隊を配置する方法を説明します。

部隊の生産が完了すると画面左上に緑のアイコンが表示されるのでクリック。

配置する部隊を選択する。

左側に表示される司令部を選択すると、新しく配置する部隊はその司令部の配下となる。マップ上の緑の州をクリックすると、どの司令部にも所属しない独立部隊として配置される。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー