2012年10月 6日 (土)

HoI3 GER AAR 3-2

ここでちょっとソ連の陸軍戦力を覗いてみる。


歩兵321個旅団他、結構持っているな。まだ前線に到着していないだけみたいだ。


1937年3月27日、再配置した陸軍がソ連領に進行中。


3月29日、イタリアが枢軸へ加盟。


7月4日、日本が枢軸へ加盟。これで三国同盟が成立した。


北方軍集団はレニングラード、南方軍集団はクリミア半島を占領。中央軍集団はモスクワへ迫りつつある。


10月24日、モスクワを占領。スカンジナビア半島にソ連軍はいないので、ムルマンスクのVPも取れる見込み。


1938年1月15日、イベントでオーストリアを併合。


1938年11月18日、ソ連降伏までも一歩なんだが、補給が続かず押し切れない。機甲師団だけでも手動で指揮すべきか? 今日はここまでで休憩。

この時点でのセーブデータ

HoI3 GER AAR 3-1

では、気を取り直してHoI3をやってみる。
Hearts of Iron 3 Collection(For the Motherland Ver. 3.05相当)の1936年シナリオドイツ。

早期に開戦して、ポーランド→ベルギー→フランス→ソ連→イギリスの順につぶすことを目指す。


三単位制師団に砲兵を追加したものを生産。


イタリアと日本へDiplomatic Influenceを開始。


歩兵を強化する技術を研究。あと、Armorカテゴリは中戦車の開発を目標に。


自国のスパイにはRaise National Unity、英仏ソにはMilitary Espionage、ポーランドにはIncrease Threatを仕掛ける。自国の中立度を下げられなくなったので、Increase Threatが早期開戦のための唯一の手段だ。

ここまでの初期設定を済ませたセーブデータ(SugarSyncへのリンク)


スペイン内戦介入と、ラインラント再進駐のイベントを起こす。スペイン内戦の方は割とどうでも良いが(スペインが欲しければ占領してしまえばよい)、中立度が下がるラインラント再進駐の方は早期開戦のために重要。


1936年3月20日、イタリアがエチオピアを併合。


1936年5月10日、ドイツはポーランドへ宣戦布告。


6月7日、ワルシャワを占領してポーランドを併合した。

7月10日、全部隊をBitburg HQへ配置転換してベルギーに宣戦布告。


軽戦車師団を先頭にベルギーの首都ブリュッセルを目指す。


11月19日の戦況。南部はマジノ線を突破できたがまだブリュッセルを占領できない。


12月15日、東部戦線をがら空きにしていたところソ連から宣戦布告される。


西部戦線から一部の部隊を引き抜いて対処する。東部戦線を管轄するBerlin HQと西部戦線のBitburg HQの支配下にある戦力はこれくらい。


宣戦布告してきたものの、ソ連軍の前線はがら空きで部隊は東進しているようだ。


1937年1月1日、パリを占領しフランスは降伏。ヴィシーフランスが成立した。

この時点のセーブデータ

その他のカテゴリー